So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<マニフェスト>着手7割に 調整・修正は26項目に増加(毎日新聞)

 毎日新聞は24日、発足から4カ月目に入った鳩山政権について、衆院選マニフェスト(政権公約)や与党3党の連立政策合意をどの程度実施したかを独自調査する「マニフェスト実行度」の4回目の結果をまとめた。09年末の10年度予算案決定などを経て多くの公約が前進し、達成を含め進行中の政策は129項目となり、調査対象(178項目)の7割を突破した。一方、財源確保に苦慮したしわ寄せで先送りや事業規模の縮小など調整や修正を迫られたのは、前回(10項目)から大幅増の26項目となり、マニフェストの修正を迫られる事態となった。

 12月25日に閣議決定された10年度予算案はすでに国会に提出され、2月から審議が始まる見通し。予算案決定で具体的に予算計上された結果、多くの政策が実行度の段階で「初期」から「中期」に前進。「中期」は先月23日の集計時の27項目から52項目へとほぼ倍増した。ただし、新たに達成した公約は今回はなかった。

 一方、55万円まで助成額をアップする出産支援策は見送られ、現行42万円の維持にとどまったほか、地球温暖化対策税導入も11年度以降に先送りされた。鳩山由紀夫首相はマニフェスト修正に着手する意向を表明した。

 また、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件が起きたが、公約の同法改正は未着手のまま。取り調べ可視化法案策定は政府と民主党で今国会提出の是非を巡り難航している。

市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年−東京(時事通信)
映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)
流氷の見ごろ 3月下旬まで 気象情報会社が予想(産経新聞)
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見(産経新聞)

普天間移設「あらゆる選択肢」=答弁書を閣議決定−政府(時事通信)

 政府は26日夜の閣議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「官房長官を長とする沖縄基地問題検討委員会で、特定の前提を置かず、あらゆる選択肢を幅広く検討している」とする答弁書を決定した。公明党の浜田昌良参院議員の質問主意書に答えた。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は、同県名護市に移設する現行計画を除いた県外移設を求めているが、同日の閣議で現行計画も含めて検討する政府の基本方針に同意した形だ。
 また、答弁書は「沖縄県民の気持ちを何より大事にしながら、過去の日米合意や連立政権合意を踏まえ、米国とも調整して理解を求めた上で、5月末までに政府として結論を出す」と明記した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

「小沢容疑者」と誤表記=22日付大阪版朝刊に−産経新聞(時事通信)
<シリーズ映画>「釣りバカ20」で消滅 製作委方式などで(毎日新聞)
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
<過労死企業公開訴訟>「社会的批判を」原告が陳述(毎日新聞)
乗客に偽ルイ・ヴィトン販売=容疑でタクシー運転手逮捕−警視庁(時事通信)

<火災>住宅全焼 姉妹2人焼死か 千葉・市原(毎日新聞)

 22日午前0時15分ごろ、千葉県市原市山田橋、会社員、奈佐(なさ)昭一さん(44)方から出火、木造2階建ての同住宅約100平方メートルを全焼、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警市原署は、連絡がつかなくなっている奈佐さんの長女優里香(ゆりか)さん(16)と三女栞(しおり)さん(12)とみて、身元確認を急いでいる。

 同署によると、奈佐さん方は5人暮らし。妻有子さん(44)と次女瞳さん(14)は逃げて無事だった。奈佐さんは出火当時、仕事から帰っていなかった。家族の一人が「1階のストーブがついていた」と話しているという。死亡した2人は2階で寝ており、逃げ遅れたらしい。

 現場はJR内房線五井駅の東約3キロの住宅街。【黒川晋史】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田
火災:前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡
火災:民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎
加湿器:中国製で発火や発煙事故 輸入元12万台リコール
火災:4階から71歳住民が飛び降り?死亡 横浜

<臓器移植>大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ(毎日新聞)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
奈良・若草山 春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)
<寒立馬>地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)
オウム 新実被告の死刑確定へ(産経新聞)

<桜開花予想>都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に(毎日新聞)

 民間気象会社のウェザーマップ(東京都港区)は25日、第1回の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。開花予想日が最も早いのは福岡市、高知市などの3月23日ごろで、東京都心は同24日ごろ。今年は気象庁が発表をやめたが、民間気象会社はサービスを強化。百花繚乱(りょうらん)の桜前線予想を探った。【江口一、福永方人】

 開花予想に新規参入したウェザーマップ。第1回予想は、既に開花した沖縄・奄美と北海道、東北を除いた、気象庁の標本木がある41地点を対象とした。各地の予想開花日は▽横浜市3月24日▽広島市、名古屋市同26日▽大阪市、埼玉県熊谷市同27日▽前橋市同29日▽宇都宮市同30日▽水戸市同31日▽新潟市4月8日など。2〜3月の気温が平年より高いと予想され、開花日も平年より2〜4日ほど早まる所が多い見込みだ。予想開花日の平年差は、気象庁が観測した開花日の2000年まで30年間の平均と比較した。

           *  *  *

 開花予想は市民の関心が高く、民間の気象会社は力を注ぐ。基本的な方法は冬から春までの気温などを解析、過去の開花日の統計を加味する。各社はさらに独自の手法を加えて開花日を決定、「分析力」も反映される。

 ウェザーマップは農業向けの天候の長期予報を応用。最も開花する確率の高い日を中心に予想した。

 04年に民間で初めて全国予想を始めたウェザーニューズは、サポーターと呼ばれる人からの情報を活用。サポーターは携帯電話の撮影機能を使い、同じ桜の木で、つぼみの膨らみや開花、葉桜になった時期を報告する。昨年は全国で約2万人が参加した。蓄積された膨大な情報から、全国の桜の名所600カ所に加え、学校や公園など1万カ所での予想も可能にした。

 今年で4回目の財団法人日本気象協会は、気象庁が96年からとっている方式とほぼ同じ、コンピューターを用いた「開花予測方程式」により予想する。各地の気象台が開花を観測する標本木が中心だ。「気象庁が予測をやめて困るところも出てくるはず。その受け皿になる」と意気込む。

           *  *  *

 一方、1955年から続いた開花予想の中止を昨年、発表した気象庁。「予算と要員が限られている。もう終えていい」。以前は、各地の気象台が気温などの観測値をもとに予想していた。しかし、予算削減と観測の機械化による無人化などで、かつて100カ所以上あった開花予想地点が、09年には64カ所に減少。近年の担当職員は1人になっていた。

 気象庁の役割をめぐっては、以前から地震や気象災害など防災に直接結びつく業務に集中すべきだとの声があった。だが、開花予想は長年、国民に親しまれてきたほか、民間気象会社の取り組みを見極めようと撤退を見送ってきたという。気象庁は培った手法をホームページで公表し、国民に活用を呼びかける。

 今後はウェザーマップの第2回が2月15日、第3回が3月1日。ウェザーニューズが2月15日に「開花傾向」、3月1日に第1回予想を出す。日本気象協会は2月上旬に全般的な予想を、3月に詳細な予想を出す予定になっている。

 激しさが増す予想競争。「他社とスタンスが違う」(ウェザーニューズ)、「他社と競合するものではない」(日本気象協会)、「選択肢の一つとして比べてほしい」(ウェザーマップ)。今年は果たして、どこの予想が的中するか。

 【ことば】開花の仕組み 冬の間、最高気温10度以下の寒気に約60日間さらされることで、木が眠りから覚める「休眠打破現象」が起きる。その後の春先の気温上昇が開花を促すとされている。

【関連ニュース】
桜の開花予想:ウェザーマップが新規参入
サクラの花が早く咲く/1 温暖化だけじゃない
桜開花予想:ウェザーマップが新規参入
桜開花予想:55年に幕 気象庁「必要薄れた」
寒桜:静岡・久能山東照宮で咲く /静岡

弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審−仙台高裁(時事通信)
<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)
小沢氏聴取 特捜部“直接対決” 「政治家のウソ」追及(産経新聞)
<大阪出資法違反>女相場師に懲役3年求刑 2月15日判決(毎日新聞)

<春の臨時列車>前年比9%減…JR旅客6社(毎日新聞)

 JR旅客6社は22日、3月1日〜6月30日の春の臨時列車運行計画を発表した。新幹線と在来線特急の増発は前年比9%減の1万2003本。定期列車を含む総運転本数は同2%減の29万8842本となる。景気低迷で、利用客は同674万人減の4990万人を見込んでいる。ゴールデンウイーク期間(4月28日〜5月5日)は、前年並みの2001本を増発する。

 新幹線は軒並み臨時列車の運転を抑制し、東海道・山陽が同33%減の3228本、東北・上越・長野が同14%減の2189本。一方、在来線特急は同15%増の6586本を走らせる。

【関連ニュース】
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡
JR京浜東北線:踏切立ち入りで緊急停車、6万人影響
踏切:遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線
エレベーター:また閉じ込め 名古屋市営地下鉄
東京メトロ:有楽町線で火花 一時運転見合わせ

<NHK>朝ドラ4月から8時開始に 時間変更は48年ぶり(毎日新聞)
<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
生活習慣病領域でOD錠が増加(医療介護CBニュース)
<わいせつ行為>巡査長を停職6カ月 長野県警処分公表せず(毎日新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)

小沢氏書生から議員に=疑惑報道に疲労も−石川議員(時事通信)

 石川知裕衆院議員(36)は、学生時代から小沢一郎民主党幹事長に書生として仕え、国会議員になるまで、公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中=と共に、中心となって小沢事務所を支えてきた。最近は陸山会の土地購入問題で東京地検特捜部の事情聴取を受けるなどして、疲れ切った様子だった。
 石川議員は北海道足寄町で、資産家の三男として生まれた。親族によると、早くから政治家を志し、著名な政治サークルのある早稲田大への進学を決めていた。関係者によると、在学中、先輩だった小沢氏の長男に誘われて新進党の党首選を手伝ったのが、事務所入りのきっかけになったという。
 その後は岩手県奥州市の小沢氏宅に住み込みで勤務。新進党が解散し、小沢氏が自由党党首に就任した際にも、「あの人を信じているから」と話し、周囲の心配をよそに付き従った。
 2007年に繰り上がりで国会議員に初当選した後も、小沢氏の教えを忠実に守り、地元で朝の辻立ちを続けた。
 昨年8月には小選挙区で初めて当選。しかし、その後陸山会の土地購入問題や自身の疑惑が報道され始めると、周囲に「36年間生きてきて、こんなにしんどいのは初めて」とこぼすなど、憔悴(しょうすい)した様子を見せていたという。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<参院>議員控室割り当て 自民党と民主党が場所を交換(毎日新聞)
「官民協力」奏功 振り込め被害3分の1 検挙率も77%(産経新聞)
<虚偽記載容疑>大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
受験票、マスク…準備万端 16日から センター試験 新型インフル対策に全力(西日本新聞)
小沢氏が「世界の注目指導者」第3位(スポーツ報知)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。